2017年06月27日

えねこや・屋台

一般社団法人えねこやの初めての総会が24日に行われました。
オト父と仲間の3人が立ち上げて1年弱、会員になって下さった
多くの皆さん、会員の方のお知り合いなど総勢40名とびっくり
する程多くの方々が参加して下さいました。
これからの課題はいかにこの輪を広めて行くかということですが
是非今年度はえねこや2号を作りたいなぁと考えています。
先ずはえねこや屋台で情報発信!

IMG_7707.JPG

屋台出来ました!

25日に三鷹のエコマルシェに初めて出展、私は運搬のみで参加
しませんでしたがとてもたくさんの方が興味を持って下さった
様です。えねこや縮小版の屋台が可愛いと皆さんに褒めて頂き
オト父も満足していた様です。因に材料は家にあったものを
使ったので人件費と下部のタイヤ費しかかかっていません。
こちらは実際に屋根の太陽光を使い小さな蓄電池も載せた立派な
発電所ですから色んな使い方も出来ますよ〜。何か良いアイディア
あったらお伝え下さいね。



今回の総会にあたって、報告書なるものを提出した訳ですが、
初めて貸借対照表なんてものを作ってみて
「なぜ、今まで20年の間、本業の設計事務所の方でやらなかった?」
と、めちゃくちゃ反省しました。やってみたら大したことなかった。
専門用語がたくさん並んでいて面倒だと思って今までやらずにいた
のです。残念。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クロ

IMG_7711.JPG


クロ、可愛い写真があったのでたまにはクロ特集。
既に六曜舎に来て半年。身体も随分大きくなってきました。
とても良くおしゃべりをします。本当に会話が出来る様に
なるのではないかと思う程、話しかけると「にゃぁ〜」とか
「にゃにゃっ」と可愛い声で啼きます。未だにシャイで
直ぐに物陰に隠れてしまいますが私にも慣れてきて直ぐに
顔を見せる様になってきました。

IMG_7694.JPG

階段からこちらを伺うクロ。これは大変可愛く写って
います。



IMG_7510.JPG

階段脇のベットで寛ぐクロ


すっかり事務所猫になっていますが、オト父に聞くと
ちゃんとシャンプー出来る様になってからの募集だそうです。

「そうなんだぁ〜」



posted by オトンヌ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

19歳

昨日は上の娘の誕生日。予定では大学生になっている
はずだったので昨年が最後の手作りバースデーケーキ
だと思っていました。

しか〜し、

170609初音.JPG

今年もちゃんと家にいます=作りました。絵本の
はりねずみのはりこが作って、みんなで食べていた
「森のケーキ」に雰囲気が似ていると言って喜んで
くれました。19年なんてあっという間、今出来る
ことに一生懸命であってくれれば、それでいいと
思っています。来年はきっと遠くに行っている筈。
「志を高く、がんばれ〜娘!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬猫達の日常

オトとロク、体型もとても良く似てきました。

170609or.JPG

今日はオト父が家で仕事なので朝からドックランに
行ってきました。8時過ぎ、既に暑くて2匹とも
あまり動きません。。チョロ〜んと走って公園を
一回りして帰宅。
ロク、ドックランでの呼び戻し練習中なのですが
私の場合ほぼOK、今日はオト父の呼び戻しも無事に
クリア出来ました!!成長中なロク。
帰宅後は2匹ともシャンプーし洗い終わったら窓辺
ベンチで自然乾燥。何だか平和だわ。


ロクとチャコ

170609rc.jpg

そして、最近のロクは猫にかなり積極的に「遊ぼう
アピール」をする様になってきました。いつかひっか
かれるんじゃないかとちょっと心配ですが、猫の方は
結構余裕で、にゃおこは何度も背中をぎゅってやられ
ていますが、大丈夫みたい。チャコは何故かロクに
腹天。犬の無抵抗ですよ〜とは違って余裕見せてる感じ。
ロクが子供だって判ってるみたいです。
明らかにオトに対する行動と違ってとても興味深い。


にゃおこ

170609n1.JPG

いつだってにゃおこは新聞やパソコンに載って私の
邪魔をします。早朝みんなが起きる前に一仕事して
いたらやっぱりきて、わざわざ目の前で大あくび、
パソコンの前に居座る。「も〜にゃおこ〜」と
言いながら仕事を終わらせると日の出の時間に
なりました。このあと私は朝ご飯とお弁当作りを
しなくてはならないのでにゃおこは暫く浴室で待機。

170609n.JPG

浴室はバルコニーに面しているのでにゃおこ、網戸に
掴まりお外を眺めます。立ってるみたい、ヘンなの〜。

毎日犬猫をみていると4匹、とてもシンプルかつ自由で
人間て色々と面倒だよなぁと思ってしまう。
人間だから仕方ないか.....。

一昨日の夢、オトがかなり高齢になっていてどこかに
お出かけに行って歩いていたら、
「もう帰ろう、こうらくえんの方に帰ろう」
ってしゃべった。私が思っていたより低い声だった。
起きてから、「オトってあんな声なんだぁ」って、
ちょっと嬉しかった。夢です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家の畑、今度は夜盗虫がバリバリと夜中に
腹一杯食べています。ジャガイモや空豆の葉っぱ
植えたばかりのズッキーニの本葉まで食べてます。
悲しいけど食べられ放題も嫌なので夜、捕獲。
早くいなくならないと新しく苗植えてもまた
食べられそうです。色んなことあるわ、ホント。


セスバニア

170609セスバニア.JPG

こちらは事務所の畑。とはいっても今まで畑じゃ
ないところ、カチカチで全く栄養がない状況なの
で友達にもらった緑肥の種(セスバニア)を撒いて
みました。堅い地面にぐいぐいと根っこが食い込み
地上の藁?は緑肥になるとのこと。秋まで様子を
見てからこちらの畑は大麦を植えてみたいと計画
しています。草が生えないので藁を買ってきて
マルチしたいのだけど藁自身、農薬とかかかって
ないか心配になって、大麦作ったら良いんじゃ
ないかと考えました。


家の周り、土の部分が何カ所かあるけれど、自宅で
野菜くずとぼかしを肥料にしていた場所はたっぷり
栄養もあり土もふかふか。
塀沿いの雑草が結構生えたりしているところは意外に
ふかふかしていて1番ダメなのが今までコンクリート
に覆われていたところ。
本来、武蔵野の台地は関東ローム層の黒土な筈だけど
ここは何故か、いくら掘っても粘土っぽい赤い土で
カチカチ。上層はとても乾燥している。何か植えても
一向に育たなくて悲しくなる。
これを土を入れ替えずにどうにかしていこうと、
考えています。

こんな狭い畑でも色々と考えて頭使うのが最近楽しい。
脳みその左脳を使う感じがする。
実際は虫とたたかったりもしないとだけど、もっと
色々出来る様になったらもっと楽しいと思う。

あっ、昨日キュウリの種撒いてみたんだけど、直後に
オトが土踏んでくれてた。キュウリ、中々芽がでなくて
1つしか苗が育っていない。1つ芽が出たのだから
他のも出る筈、故に諦めきれず昨日撒いた種でした。。

いろんなことあります。

目指すのは映画「人生フルーツ」の狭小住宅版



posted by オトンヌ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

野菜たち

暑い日が続いていたせいか今日の涼しい日がとても
気持ちよく、犬猫達もず〜〜っと寝ています。適度な
湿気とこの気温は人にも人間にもちょうどいい。。

昨年南側の建物との間の塀が無くなり、私の小さな畑に
日が当たる様になりました。色々と考えはありますが
出来る範囲での「自然農法」らしいことをやってみようと
思いたち、昨年の暮れにソラマメの種を購入(たねの森)
化学肥料や薬剤を使わないで在来の種(F1とかは×)から
自家採取を目指しています。
その後いんげん、ニラ、バターかぼちゃにおくらの種も購入。
友達と種交換会し、キュウリとミニトマトの種をもらい
現在大事に育てています。インゲンは種が『溺れる』といった
事件があり、苗になったのは3割くらい。これは失敗でした。
水やりしすぎてふやけたってことです。撒く際にちょっと頭を
出すか注意深く土の状態をみなくてはならなかったんですね。
以下、最近の畑の状況。


@そらまめ
小さな畑に植えた空豆とベランダのプランターに植えた
空豆のどちらにもアブラムシがたくさんついてしまい、
花が咲いても、ちょっと小さな実が付きだしてもダメに
なってしまいこまめに虫を取り除く→またつくの繰り返し。
炭にした籾殻を撒いたりてんとう虫やその幼虫を連れて
きたり悪戦苦闘。


170525てんとう虫.JPG

一昨日いつもの様に空豆を見にいったらなんとてんとう虫を
5匹も発見、気がついたら数は少ないけれど空豆がちゃんと
実になっていました。

170525空豆.JPG

毎日アブラムシばかりみていたのでいつの間にか大きく
なっていた空豆。少しだけ食べて来年用に種を採ろうと思い
ます。結局何がアブラムシにとって1番の決定打だったのか?
来年も研究したいと思います。


IMG_2161.JPG

最近のお気に入り雑誌「現代農業」6月はアブラムシでした。


Aジャガイモ

空豆の隣にはジャガイモが大きく育っています。
「自然食品のお店で買ったジャガイモだからホームセンターで
売っている種芋より、もしかしたら安全かも」と考え、通常は
「種芋ではない場合ウイルスが云々」と言われているけど
ダメ元で育ててみたもの。

170525ジャガイモ病気.JPG

こちらは昨日発見した葉っぱ=茶色のまだら模様
色々調べたらどうやらカリウム不足だそうで、自然農法の
場合はどうするのだろう?とまた調べ、取りあえず庭の
枯れ葉や腐葉土を撒いてみた。科学的なものを使わずに
対処するって頭使うなぁ〜。
まだ芋どころか花が咲いたばかりなのでこれからカリウム
も必要になるだろうに、どうしよう。。


B豆苗

たまに買う豆苗は全部食べた後にもう一度楽しめるもの。
ちゃんとパッケージにも書いてありますよね。
それをプランターに植えてみたら、、

170525豆苗.JPG

エンドウ豆の様にずんずん伸びて、ピンクの可愛い花が咲き
絹サヤの様な豆が出来ました!!!
今まで豆苗は何の苗なのか、育ったらどんな豆が成るのか
なんて考えたことも無かったので目からウロコ、、ネットでは
エンドウの若葉って書いてあるけど我が家のきぬさやね。


Cお客さん

虫、苦手な方はみないで下さいね。










豆苗の写真を撮ろうと思っていたらすぐ近くにこんな
お客さん。

170525青虫.JPG

色はとってもきれいです。“みかんにつくあおむし”
で調べたらアゲハチョウの幼虫らしいです。
蛾じゃ無くって良かった〜。暫く観察してみましょう。




と、わがやの小さな畑やベランダでは植物も虫も
成長中。

170525r.JPG

関係ないけど「ロクも成長中」


posted by オトンヌ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

あこさんレッスン3

亜子さんのレッスン3回目。
今日が最終回ということもあり長時間充実したレッスン
をして頂きました。あこさん、ありがとうございました。

前回から随分日にちが空いてしまいました。
その間にロクは私にかなりお子様ぶりを発揮する様に
なりました。ビビリ犬にとってはこれはかなりな進歩。
とのこと。8月にケージから出られなかった頃と比べると
本当に成長したなぁの一言に尽きます。
今日のレッスンではドックランの中での呼び戻しの練習も
して頂いて、前回同様とても充実。3回のレッスンを
通して犬の行動を観察することの大切さや、自分自身の
心の持ち用の大切さを感じました。犬の心理を学ぶこと
もとても楽しかったです。色々な本に書かれていること
全てが我が家の犬達に当てはまる訳ではないってのは
ちょっと子育てに通じるなぁ。とか、、、
オトの性格とロクの性格の組み合わせだったりするのも
娘2人の性格の違いとダブったりして。興味深いです。
まだまだ飼い主、犬ともに勉強中ですがいつか「こんな
ことあったね」と言える日がくることを祈っています。


170518or.jpg

レッスン中のランの様子、2匹で遊べるっていいわぁ。
みているだけで本当、幸せ。主にオトが追いかけ、ロクは
逃げる。(これ、呼び戻しレッスンの合間)


170518or2.jpg

帰り道もしっかり横について歩けます。
(いつもじゃないけど)


170518r.JPG

ケージから出られなかったロク、明日で家の子になって
9ヶ月。すっかり人の横でくつろげるようになってます。
(オト父にもたれて寝てますzzz)

初めてあこさんのレッスンを受けた日、ロクはケージの
中が定位置で、今の様にソファーやベンチでお昼寝なんて、
とんでもないって感じでした。それがあこさんのレッスンも
受け、成長が加速し、先日のレッスンの日は机上講座の最中
あこさんの隣でお昼寝までして、、すごいことです。
こうやって、人と暮らすことで人を学んでくれているのね。。

センターにいるビビリな犬達をみていると「少しの間でも
ホームステイみたいに人と暮らす体験が出来るといいのに
なぁ」と思います。世間では高齢と言われ、犬の譲渡を断ら
れたりする年令の方とか、自分の年令を考えるともう犬は
飼えないと言っている犬飼い経験者さん。時間もお金も
スペースも整っているのにもったいないなぁーと思います。
ただし、あこさんのレッスンの様にちゃんと犬の状況を犬
それぞれに対して個別に学んでから、の方がより良い
方向にいくかと思いますが、如何でしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170518桐.JPG

毎日散歩する自由広場には大木な桐の木があります。
この季節になると桐の周りは紫色の花で埋め尽くされ
とってもきれい。下草の黄緑色とのコントラストもよい
です。

170518桐2.JPG

東京で初めて一人暮らしをしたその家の隣に大きな
桐の木があって、私の部屋は3階だったのですが
そこから花が咲いているようすが丁度見えて、この
桐の花をみると懐かしい気持ちになるのです。




posted by オトンヌ at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

漆器修理

昨年の秋に植えたバラ“フレンチレース”
昨日、つぼみが少しずつ開き始めました。

170504バラ.JPG


昨日は高校生になった娘の部活で
「ウエルカムコンサート」を開いて下さいました。
数年前に強化クラブになり沢山の講師の先生が
みてくれるというとてもお得な部活。もちろん
朝練(夜練もたまに)が毎日ありますが、自転車で
10分程で行けるので楽勝です(わたしにとって)
演奏の後は生徒と保護者でパート別にテーブルを
囲んでランチタイム。一人も知っている人がいない
のですが私も何年も子供の親をやってきた甲斐があり
さほど緊張せず初対面の方々と楽しくお話しできました。
吹奏楽という共通の話題があるのが大きいですね。

演奏の方もぴりっとした感じでとても好感が持てましたし
受験で暫く吹奏楽の演奏を聴くことから離れていたので
「やっぱりいいわね〜」と子供たちの演奏で幸せな
気分になって帰ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祖母の家にあった重箱、母が子供の頃につかっていた
重箱だと聞いていたものを、昨年実家の片付けをした
際に持ち帰ってきました。
大きめの重箱ですが外側の春慶塗がとても美しく、内側
のみ漆が剥げているところが木地むき出しになっていた
ので思い切って塗りの修理に出してみました。

170504修理前.JPG

↑修理前

↓修理後

170504修理後.JPG

修理に出す前は何だか古いもの独特のホコリっぽい
イメージがありましたが、きれいに塗られた漆で美しく
蘇りました。写真を撮ろうと思ったら天井や照明が写り
込んでしまう程ピカピカ!お正月に使うのが楽しみです。

こちらの修理をお願いしたのが『漆器修理ヒロセ』


修理の事例や金額が載っていたので先に重箱を送り、
現物を見て頂いてから相談して、外側はきれいだから
そのままにして内側のみの修理をすることになりました。

100年以上使われている漆器を、この先また使い続けて
いけることって私にとってはとても幸せなことです。

このように手間のかかる修理をして下さる職人さんが
今は少なくなってしまっているとのことですから、職人
さんがいつまでも育つ様に、もし漆器の修理をとお思い
の方いらしたら迷わず修理してもらって下さいね!!!



posted by オトンヌ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

オト9歳

気持ちのよい朝から一転、雷が鳴り出しました。
オト、雷が大の苦手であちこちウロウロしたり高い
ところに乗ってみたり大変です。

170430o.JPG

(オト、桜をバックにとても貫禄の一枚。)

昨日だってドックランでロクを獲物のごとく追いかけ
回していたのに、、、。先週めでたく9歳のお誕生日を
迎えてそろそろ50歳後半にしては素晴らしい走りで
雑種シニア部門とかあったらきっと優勝しているんじゃ
ないかと思っていたのに、、今はキッチンの奥に隠れて
います。ロクは全く動じない様子。怖いものの感覚が
違うんですね。

170430o2.JPG

オト「9歳になりました。母とほぼ同い年、まだまだ
体力には自身あります。」



猫達に新しいツメトギを購入いつもの丸形にちょっと
またたびをふりかけたところ2匹でツメトギを取り合い
窮屈そうに2匹でツメトギに乗っています。ヘンなの〜。
本来は1匹用

170439c2.JPG
こんな感じだったり

170430n.JPG
あんな感じだったり


170430nc.JPG

決して、こうやって遊ぶ物ではありません。



猫達、若い頃と比べるとどたんばたんと遊んだり
けんかすることがすっかり無くなってきました。
こちらもオトと同様にお誕生日を迎えて7歳に
なりました。フードも7歳からの物に変えてみたり
しています。そろそろ身体の方も心配なお年頃です。

170430c1.JPG

チャコ「まだまだピチピチです」

そうね、まだまだいけそうね。チャコは定期的に
肌の調子が悪くなるので、今は傷が酷くなるとお薬
を3日に一度飲んでいます。
少し前に、顔を掻いていたときに何故か爪が引っか
かり取れてしまって大騒ぎしました。
パニックになって数秒転がって、テーブルの下に
隠れているチャコの脚から血がでていて、爪が
落ちてる。よく見ると出血しているところに小さな
爪が生えていて取りあえず抱っこして止血。
乳歯が抜けたときの様に爪の中心が空っぽになって
いて根元から取れていて本当に驚きました。
ほんと、色々なことがあります。その後化膿したり
することもなくきれいになりました。

170430co.JPG

非常に呑気な犬猫の日常の中でもよく考えると
色々なことがあるなぁ〜などど思い返してしまい
ました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちら事務所の2階にある高窓から外を眺めるクロ

170430クロ.JPG

クロ、スタッフには朝から「なでて〜」と可愛らしい声で
すり寄っていますが未だにオト父(メインでお世話している)
にはそこまで慣れず、先日オト父が漸く少しだけ触ることが
出来たと喜んでいました。事務所に来て既に4ヶ月が経とうと
していますが、募集も何だかしている様なしていない様な。
シャンプーが未だに出来ず、水なしのシャンプーはしている
ものの(スタッフがしてくれる)爪も全部は切れない様子。
スタッフには懐いているので、飼い主さんにはちゃんと懐く
筈だと思うのですが、、黒猫をお家に迎えたい&ちょっと
暗い時間が掛かってもトライしてみたい方いらっしゃい
ましたら声掛けてみて下さい。










posted by オトンヌ at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ロクの兄弟里親さん募集中

とても嬉しい出来事がありました。ロクの兄弟犬を
↓こちらで見つけたのです。
『いつでも里親募集中』
募集記事掲載ナンバーD124260

『マルコが教えてくれたこと』
てつごろう君預かり様のブログです


ロクの兄弟が昨年末にちばわんさんに引き揚げられて
から後、どうなったかなぁ〜といつも心の隅で心配して
いました。ロクが8月に我が家に来てから4ヶ月の間
「一緒に引き揚げたら良かった」とまで考えたことも
ありました。

先日、たまたまいつでも里親募集中のサイトを眺めて
いたら『てつごろうくん』という名前でそっくりな
ワンコを見つけました。預かりさんのブログを拝見
したところやっぱりロクの兄弟犬!!
引き揚げから3ヶ月が経ちビックリする程お顔の
雰囲気が和らぎ、男子なのですがとってもキュートに
成長していました。目の感じ、鼻の形に特徴がある
ので直ぐに判りました。ロクとの大きな違いは毛の
色とサイズ。10kg程なのでロクの11.6kgに比べて
少し華奢な感じです。
もちろんビビリなところも一緒。ロクと同じくゆっくりと
ビビリ解消していくことと思います。


img_0_m.jpeg
(みみらさんからお借りしました)

この可愛いお顔で見つめられたらね〜。我が家に迎えたいと
きっと誰もが思ってしまいますよね。

私もグッッと我慢しています。



IMG_2016.JPG

ロクも同じポーズで写してみました。ソファーにあごのせ。
何だか眠そうじゃない?やる気なし。


IMG_2017.JPG

ロク「上目遣い、できます」


写真撮影をしてからソファーでブログを書き始めましたが
ロク、気がついたら寝ていました。ビックリ!!!!!

IMG_2020.JPG



因にセンターにいた頃のロクとてつごろう君の写真は
下の2枚。環境が変わるとこんなにも表情が変わるの
ですね。

ロクと兄弟犬.jpg
(ちばわんセンターレポートからお借りしました)

161017ロクの兄弟.jpg
(ちばわんセンターレポートからお借りしました)
posted by オトンヌ at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

やっと一息

明日から娘の予備校も授業開始し、漸く気持ちは
ここで一区切り。一息ついて私も再スタートです。
12月までに実家の売却を目指して計画を立直し
たいとも思います。



深大寺地方も漸く桜が満開になりました。
週末の神代植物園には、花見のお客さんがたくさん
来ますね〜。ロクが来てからお寺の中に入るのが
ちょっと大変であまり行っていませんが、オトとは
良くお参りに行っていた深大寺の釈迦堂に納められ
ている『白鳳仏』が国宝に指定されたようですし。
(現在はレプリカ、本物は国立博物館)

今年は桜の開花が遅く、近所ではしだれ桜も同時に
咲いてしまう程、きっと植物園もいつもは順番に
咲いて行く桜を一気にみることができるでしょう。

そんな中桜と犬達を一緒に写そうと苦戦しましたが
どちらかが(特にロク)が動いて中々良い写真が
撮れません。取りあえずロクは鼻より団子(草)

IMG_1884.JPG

散歩している最中に何故か2匹で鼻を突き合わせて
お互いの確認(一応桜をバックに)

IMG_1918.JPG



20170412_093249.jpg

昨日は風もなく暖かな朝でしたのでゆっくりお散歩
公園でお友達に犬達をバックに写真を写してもらい
ました。やむなく文字で隠しましたが私、とっても
幸せな顔しています。ロクとオトが右大臣左大臣
見たいに私の後ろで控えてますが、まさにいざと
いうとき(いつもか?)私を守ってくれそうです。

オトが来てから本当に色々なことがあってその度に
近くに寄り添ってくれていました。ロクはまだまだ
その域に達していないけれどオト姉さんを見習って
立派に私を支えてくれる日が来ることを祈っています。

IMG_1881.JPG

オトは動物の中では1番強い筈なのですが、先日
自分の定位置に猫達2匹が寝ていたら静かに空いて
いるところに寝ておりました。顔とか落ちているけど
気にせず、、、なんだかこんなオトがとても愛おしく
感じる今日この頃です。
ロクに対してはわちゃわちゃしているとマズルをカプッ
と噛む真似をしますが、もちろん噛んでいませんし、
しっかり指導してくれていると思います。家の中に
4匹の犬猫がいるとは思えないほど空気が落ち着いて
いるのもきっと4匹の相性の良さだったりするのかな
と感じます。

最後に、ちょっと前に娘に洗ってもらっている最中の
オトが余りにもしょんぼりしていたので撮ってみました。







posted by オトンヌ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

イギリス旅行・つづき

昨日娘の高校入学式。530人もの新入生の数の多さに圧倒
されてしまいました。入場は2クラスずつで時短でも一人
一人の名前を呼ぶ時間はかなり長く感じました。13クラス....。

先週は実家に一人で日帰り帰省。年末から一度も見ていな
かったので様子を見に行くのと年末には出せなかった不要
な洋服や本を出しに行くのと、墓参り、法務局にも用事が
あり..........。もっと時間が必要です。
静岡は暖かく桜もこの時期は散り始めている筈なのに全く
咲いていませんでした。どうしちゃったんでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イギリス旅行・つづき

3月26日(日)
朝からイングリッシュブレックファースト。かなりのボリューム
ゆっくり食事をしたあとはオックスフォードに向います。
日曜日は礼拝があるのでクライストチャーチは2時まで
入ることが出来ませんでした。ボドリアン図書館は入る
ことが出来たのでこちらだけ見学。いくつかのカレッジ
が歩いて行ける距離にあるので(1km四方くらいかな?)
3時間ほどあちこち歩きました。ロンドンと違って建物の
色が見事にベージュ一色。ゴシック建築だと思うのですが
世界観がハリーポッターそのものでした。

2時頃にはオックスフォードを出発、ロンドンに近いハーロー
のホテルへ4時に到着。
Best Western Plus Grims Dyke Hotel
結婚式や様々なイベントも行われている森の中のマナー
ハウス。ロンドンに近くワーナーブラススタジオまで20分
です。本館とガーデンロッジでは部屋が全く異なりますが
食事はとても素敵なダイニングでとることができます。

6時半にワーナースタジオのチケットをとってあるので
少し休んでから出かけます。こちらのチケットは日本の
サイトではツアーのみだったり、既に取れない状況でしたが
公式サイトで購入できました。購入後チケットを送付して
くれるのである程度時間に余裕を持って購入した方が良い
です。休日や長期休暇は取りにくい様でこの日の予約も
6時半の最終回のみ。多分ツアーの人達はもっと早い
時間にロンドンに戻るので混雑も無くゆっくり見て回れ
ました。時間前はお土産屋さんやカフェに入って待つこと
も出来るのも良いです。

ハリーポッター.JPG

子供たちは何度もハリーポッターを見ているので勿論大興奮!
実際に使われたセットがあったりCGで実際はどんな風に
見せてくれていたのかの説明動画には本当に驚きました。
非常に細かい模型も沢山あってよくここまで凄い物を作り
あげるものだと感心してしまいました。

お決まりのバタービールを飲んでお土産屋さんに寄って
ホテルへ。オックスフォード、スタジオ共にハリーの
世界でお腹いっぱいの一日でした。


3月27日(月)

ハーローからロンドン中心ビクトリアまで戻ります。
高速に乗るまで子供たちの登校時間に重なり結構な渋滞。
日本の女の子たちも今は同じ様にブレザーにプリーツ
スカート、Yシャツにネクタイなのですが、こちらは
靴下の代わりに黒いタイツをはいています。日本では
短いスカートに寒いだろうにハイソックスから上は
素肌だったりするのやっぱり良くないわ〜。
(校則で仕方ないけど....)

おまけに皆さん急いでいるのか制限速度あるのか
無いのか?判りませんがかなりのスピードで走って
います。レンタカーを返却する時間を30分ほど
過ぎてしみましたが事故に合わずビクトリアに
到着できて本当にホッとしました。

ここから歩いて5分のホテルにスーツケースを預け
今日はロンドン市内を回ります。

@大英博物館

大英博物館.JPG

以前は中庭だったところに屋根が掛けられたとのこと。
殆どが観光客か子供たちの社会見学の様でした。
全てを観るには勿論何日か必要なのでポイントのみ
ロゼッタストーンやラムセス2世の胸像etc.下の娘と
オト父は早々にカフェでお茶していました。
このような場所に来るとそのもの自体が本来あるべき
場所に戻してあげた方がよいのではないかと考えて
しまいます。多くのミイラは本来はお墓の中に納め
られるべきですし、力やお金のある者の考え方一つで
こんな形で集められるって本来の姿ではないなぁ。
と、思いながらも見に行く自分がいました。

Aコベントガーデン

大英博物館から歩いて少しいくとコベントガーデンが
あります。今日は月曜日なのでマーケットでは銀の
骨董品が並んでいるとかで行ってみましたが、娘達は
古い物の匂いがダメでスルー。コベントガーデンは
以前少しの間ですが毎日通っていて懐かしい場所。
今は新しいブランドのお店がいっぱい入っていて
はるか昔の記憶は全く重い出せません。もっと雑貨屋
さんがあったような気もするし、こんなにお洒落な感じ
ではなかったかな。今も靴屋はたくさんありました。
ここで友達グレンと待ち合わせ。

  オト父と24年前に住宅をシェアしたきっかけで
  グレンは日本で英語教師をしたり、イギリスに戻って
  からは日本語を勉強しながらプライベートのツアー
  ガイドをしています。トリップアドバイザーで1位に
  なったり、某局でベビーメタルをガイドするといった
  番組に出たり、もしイギリスに行かれる方は是非、
  グレンにガイドをお願いすると良いですよ〜。
  こちら「GREN TURE」

Bシティ
コベントガーデンでグレンお勧めのフィッシュ&チップス
を食べ劇場がたくさんあるウエストエンドからバスに乗って
シティへ。2階建バスの1番前にのり観光案内をしてもらうのは
とっても新鮮!!小ネタが沢山&ipadの資料も見せてくれたりで
さすがプロな腕前を見せて頂きました。
ガイドとして建築物の歴史背景や建築家まで日本語以外にも
沢山勉強しているグレンにビックリ。

170327.JPG

セントポール寺院ではダイアナ妃の結婚式が行われましたね〜

IMG_0157.JPG

バスを降りて歩きます。
シティの景観は初日に行った中心部と違って新しい建物も
沢山建設されています。こちらもその一つ「ガーキン」
と呼ばれるノーマンフォスター設計の建物。ガーキンは
ピクルスの意味だそうです。

ハリーポッターのロケ地となったレデンホールマーケットも
シティの中にありました。一瞬タイムスリップした様な感覚。
そして、モニュメントに到着。1666年ここで大きな火災が
あったこと、とても大きな慰霊碑がセントポール大聖堂と
同じクリストファー・レンによって設計されています。

Cロンドン塔〜テムズ川〜ウエストミンスター
モニュメントから地下鉄で1駅ロンドン塔の北に出ます。
グレンの説明でロンドン塔にまつわる話を聞き、当時に
ロンドンのこの地に生まれなくて本当に良かった〜と
思いました。日本も同じ様な残酷な時代はあったと思う
のですが....。当時の地図や絵で説明してくれるので超
リアル。特にタワーブリッジの話が恐くて、ここには
書けません。

ここからテムズ川を舟で下りながらも川沿いの色々に
ついてガイドしてもらいました。ウエストミンスターに
到着。事件後でもあり多くの花が国会議事堂のフェンスに
献花されていました。
最後にビックベルの大きな鐘の音を聞きグレンとお別れ、
同じ年令のグレン、オト父と私はお互いの健康を祈り
ながら記念写真におさまったのでありました。

Dミュージカル「ウィキッド」
一駅地下鉄に乗りヴィクトリアステーションのホテルへ
一息ついて徒歩でアポロシアターへ。最後のイベント。
娘達の希望で「ウィキッド」を観に行きました。
歌が本当にかっこ良かった〜。帰宅後、チェッくし
ユーチューブでなんども聞いてしまいました。
こちらのチケットも日本で予め公式HPから購入、当日
入口でチケットを交換するだけでした。

今夜のホテル Georgian House Hotel
荷物が既に部屋に運ばれていたので良かったのですが
このホテルエレベーターが無いので、1番上の階は上り
下りが大変!!!お部屋も良く、スタッフも感じが良い、
しかも朝食がとっても良いのでお勧めしますが、何階か
を確認しておいた方が良いです。
最上階はきついです。荷物は頼めても自分で上らなく
てはならないので。

3月28日(火)
ビクトリアから地下鉄でヒースローへ
ヒースロー内でも乗るまでに結構時間がかかります。
私達は早く出た筈が最後は空港でのんびりする間もなく
出発となっていましました。オイスターカードの精算や
ポンドの換金は後回しで良かったなぁと反省。
朝のラッシュは日本と同じでビクトリア駅構内はとても
混雑していましたし。

3月29日(水)
早朝に羽田着
自宅についてすぐオトとロクをお迎えに。何故かチャコ
は血便が出ていました(帰宅後は出ていません)みんな
お疲れさまでした。

長くなりましたが自分の記憶が定かなうちに記録した
次第です。娘達も細かい地名とかきっと憶えていない
だろうから〜。
ちゃんと英語を話せる様になりたいなぁ、と思います。
posted by オトンヌ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

イギリスへ

子供たちの受験が終って“合格祝い”にイギリス旅行へと
思っていました。。。が2人とも第一志望に合格できず
上の娘は浪人を決め、今日も予備校説明会に行ってきま
した。厳しい現実ではありますがこの1年はきっと後に
なって考えた時に「必要だった」1年になるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月24日
羽田発のBritish Airwayにてロンドンヒースローへ
前日に国会議事堂でテロが起きたためか入国審査が異常に
厳しかった様に思いました。明らかに家族旅行なのに仕事は
何をしているとかまで聞かれました。
23年ぶりのヒースローはすっかり変わっていて荷物は
地下鉄で一つ移動して取りに行ったり、ターミナル間も
地下鉄で乗り継いだりして何だか時間がやたらとかかり
パディントン駅まで2番目に早いコネクトに乗った筈が
ホテルに着いたら夕方になっていました。
London Elizabeth Hotel 泊
こちらのホテルスケジュールを考えていて最後の最後に
予約したせいかハズレでした。良い部屋もある様ですが、
ハイドパークに面していることのみが良かった点です。
(夜中に洗面室の電球が切れたり、シャワーもイマイチ)
取りあえず夕食をとりに街の中心までバスに乗って移動。

町並み4.JPG

町並みが本当に美しい。。古くからある建物の保存を法律で
定めているのでしょう。日本の様なバラバラな建築や電柱、
どうにかならないかなぁ。

時差は9時間。日本時間では真夜中だけど、お腹がすいて
いるのでレスタースクエアー近くで食事。普通のお店は
6時くらいに閉まるので事前に調べていたお店には行けず少し
がっかり。 ウインドーショッピングをしながらリージェント
ストリートを歩いて北上し途中からバスでホテルに戻りました。

※今日はバスや地下鉄利用をするので空港で購入した
「Oyster card」を使ってみました。これも23年前には
無かったわ。いわゆるSuicaやPasumoのようなものです。



3月25日(金)
朝食後、ハイドパークでお散歩。犬を連れている人が
たくさんいましたが殆どがノーリード。ワンコはとても
オリコウで飼い主の周りにいるか、少し遠くに行っても
すぐに戻ってくる。ワンコう◯ぴ専用ゴミ箱もあって公園
がとても清潔に保たれていました。犬事情は日本とは大違
いです。

その後9時にレンタカーを借りに行き西に移動、石造りの
田舎町コッツウォルズに向います。
こちらは右ハンドル左車線なので比較的運転し易いと
思います。以前イギリスにいた時は車であちこち移動して
いましたが当時は郊外に住んでいたためロンドン市内の
運転は初めて。オト父、かなり神経消耗していました。
オプションでナビも付け、郵便番号や地名までは入力し
iphoneのナビ(こちらは日本語)で細かいところまで表示
させてダブルでチェック。日産の車のナビは大変見易くて
車線もきちんと表示してくれるので(英語なのに)つけて
本当に良かった〜。
因にレンタカーは希望の物が無くなることもあるそうなので
予め日本で予約しておきました。

子供たちにとっては初めてのイギリス旅行なので、イギリス
らしく羊がたくさんいる丘を眺めながらいくつか田舎町を巡る
予定でした。。が土曜日ということもあり駐車場がいっぱい
でぐるぐる回り小さな村に多くの時間を費やしてしまいました。
もう1、2カ所回る予定が、、平日ならよかった〜と反省。
1番目:
サイズ感がたまらなく可愛い「バートンオンザウォーター」
を散策、カフェでアフタヌーンティーを満喫(ロンドンの
アフタヌーンティーはとってもお高いのですがここのはそう
でもない、、でもちゃんとおいしいスコーンとケーキとサンド
ウィッチの組み合わせ)昼食としても多い程でした。

アフタヌーンティー.JPG

同じサイズのお皿3枚、下の端の盛り合わせは男性用のアフタ
ヌーンティーと書かれていました。プレートでチーズやサラダ、
ハムにスコーンのセットでかなりのボリューム。

その後はモデルハウス(5分の1サイズの街が本物の素材で
作られている)を観に行きました。私は2度目なのであれですが
子供たちは異常に盛り上がっていました。今歩いてきたところが
小さな街になっているのです。とっても可愛い〜。

2番目:
お庭で有名な「ヒドコート」鳥のトピアリーで色々なガーデン
雑誌で見かけます。苗も売っているのですが買って帰れないの
が残念。ヒドコートに接する丘には可愛い羊の親子がたくさん
いて子羊がお母さんを追ってピョンピョン跳ねていました。
こんなところで庭仕事しながら暮らしたい!

3番目:
シェイクスピアで有名な「ストラッドフォードアポンエイヴォン」
シェイクスピアの生家がありエイヴォン河畔には劇場があります。
Macdonald Swan's Nest Hotel 泊
白鳥がたくさんいるエイヴォン川の目の前にあります。ホテル
内のレストランやパブには大勢のお客さんがいて予約を取らずに
いたので9時からの夕食。私は体調を崩してしまったので行けな
かったのですがレストランの方がとても親切だったとのこと。
フロントの方もとても感じが良かった〜。お値段以上に良いと
思います。
そしてこの日の深夜、サマータイムにより1時間、時間が早くなり
ました。1日が23時間の日。

写真の整理をしてから続き書きます。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅行中オトはフリーのペットホテルへ、ロクは病院が経営する
近くのペットホテル(ケージ内ホテル)にて過ごしました。
オトは色々なところで預かってもらっているので不安は無かった
のですが、ロクがどんな様子かとても心配でした。お迎えに行くと
シッポが思いっきり前に入っていましたが、お姉さんのお話では
「最後の方では手をペロペロ舐めてくれる様になりました〜」と
いうことです。ビビリなのでケージにいて他が見えない環境が
安心できて良かったとも話されていました。一安心。
預ける前の上手な散歩が何だか一気に崩れていますが、とても
楽し気に散歩している様子を見て安心しました。
猫達は自宅待機、事務所のクロと共にスタッフにお世話をお願い
し安心して過ごさせてもらいました。
posted by オトンヌ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする