2017年07月28日

初めてクロを抱っこした日 7月26日

クロ、人慣れ進行中

170728クロ.JPG

何故か最近になって急に人懐っこくなってきたクロ
一昨日なんて、階段に座っていたのでちょっと抱っこ
してみたら別に嫌がるでもなく静かに抱っこされていた。
クロ、事務所に来てから7ヶ月、シャンプーできずに
専用タオルで拭いたり、くしでとかしたりしているだけ。
当初の恐怖がヨミガルことを恐れて洗えない。

でもクロの毛はよく見るとしっかりしていてかなり
短毛そしてピカピカ、艶やかなのです。以前保護していた
クラ改めツナは他の黒猫兄弟の中で抜きん出てツヤツヤ
だったのですが「クロは次くらいにいい感じ」なことに
最近気がついた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の梅仕事

昨年と同じく和歌山から南高梅を10kg購入

白梅漬け   2kg
シソ梅漬け  6kg
特別大きかった梅は梅のブランデー漬け 0.5kg
梅ジャム   1.5kg
   
梅雨があけたら3日間お天気の良い日に干すのが
普通なのに、ぼんやりしていてシソ入れ忘れてま
した。急いで生の赤シソを探して漬けたのが最近。
梅雨が空ける直前に気がついたものの、未だ外に
干せずにいます。

取りあえず白梅漬けのみ干してみました。

170728白梅.JPG

170728ビン白梅.JPG


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


我が家の畑。
梅雨明け宣言でてから、雨が降る日が多くなっては
いないかな?水やりせずに楽させてもらってます。

バタピーカボチャの実.JPG

これはたねの森で購入した在来種の種から育てたもの。
バターピーナッツカボチャ第1号の子供、カボチャの様な
ひょうたんのような可愛いフォルムです。今長さ10cm程。



170728かぼちゃ雌花.JPG

これは勝手に生えてきたカボチャの雌花、F1のかぼちゃ
だと思うので、同じツルの雄花から花粉をもらうことができ
ないのです。形だけの雄花はたくさんついてます。



170728カボチャの実.JPG

そこで、同じ日に咲いた時にバターピーナッツカボチャの
花粉をつけてみたり、ちょっとした実験をしてみました。
実際にこの実に花粉つけをしたかは定かではないですが
取りあえず、10センチ程まで大きくなった実がありました。



ずっと昔、メンデルの法則というのを学校で習いましたが
F1の野菜から採れた種の優性遺伝として雄花の花粉が無い、
または少ない雄性不稔というのがあって、F1の野菜から
正常に育つ種は基本4分の1ということになるのかな?
でも雌花と同じツルには雄花があっても花粉がついいて
ないので受粉は出来ない=結果結実しない。種も採れない
ことになるのでしょう。
種類の判らないカボチャとバターピーナッツカボチャの交配
が可能かどうかも判らないですけど。。。


そして、昨日オクラの花1号が咲きました。写真撮り忘れた。
オクラは苗を育てている時点で誰かに食べられてしまったので
瀕死の状態の4株のみとなってしまいましたが、2株は大きく
なっています。がんばれ〜オクラ!!
posted by オトンヌ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック