2017年02月17日

びびりな保護犬を預けるということ

昨夜初めての1泊を経験したロク。
お迎えに行きましたら何と、本番日程のお泊まりを
断られてしまいました。
オトにとっても初めての場所でしたがこちらはOK。
お迎えに行ってオーナーさんと話している最中も
オーナーさんに撫でられていました。
当日は複数の犬が既に予約済みなので、ロクに目が
届きにくく脱走の心配があるということ、散歩にも
不安があるとのことでした。お部屋の中では全く
問題が無いとのことですが、預ける私の方も心配に
なってしまいました。

家の中や近所での散歩ならOKでもロクに取っては
まだまだハードルが高かったなぁと反省。
しかし、今までもそうだった様にどうしても預けな
くてはならない時があるのでロクには少し頑張って
もらうことになります。
結局近くの病院で経営しているケージ型のペットホテル
に予約を入れました。1週間近く預けるので少し慣れて
くれるかもしれません。(そもそも、我が家でもケージ
から出て過ごし始めてまだ2ヶ月程ですし、)
色々な犬を見ている獣医さんがいつもいてくれるのは
返って安心かもしれません。
ちょっと遠いけど歩けない距離ではないので何度か
ホテル周辺を散歩して預かり中の散歩が安心して
できる様に明日から準備しようと思います。

夕方の散歩中、犬友とペットホテルの話題。1匹は
やはりホテルに断られたとのこと〜強すぎるので×
だったそうです。もう1匹はケージ型に預けたところ
大騒ぎで大変だったらしくそれきり預けていないそう
です。ビビリでなくても色々あるってことで少し
しょんぼりだった気持ちが楽になりました。

因にオトはケージは無理だと思うので、昨日行ったところに
預けることになりそうです。


帰宅後は2匹とも爆睡。神経使ったら犬も良く寝ます。

170217rc.JPG

ロクとチャコがくっついて日なたぼっこ。なんて珍しいこと!


posted by オトンヌ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447100917

この記事へのトラックバック