2017年01月06日

映画『tomorrow』

今日から仕事始め。休日最後の昨日、渋谷まで
映画『tomorrow』を観に行って来ました。
フランスの映画です。あちらではとても沢山の人がこの
映画を見ているのに日本では小さな100人劇場での上映。
是非、見てね。

オフィシャルサイトはこちら



とても共感できる内容、私が普段考えている世の中のことが
ちょっとずつ、でも全部揃っている様なそんな映画で年の初めに
観る映画としてはベストでした。
何しろこれから家の一部と事務所の植栽をするので、狭い庭だけど
充実させたいなぁと思っていて、「やっぱり食べられる物だよなあ〜」
と確信。そして、狭いので縦に繋がる様な楽しい使い方をしたいなぁ。
暖かくなったら忙しくなりそうなので今晩から案を練ろうと思います。
時間が赦せば学校に行って農業や発酵の勉強もしたいところです。

それから最終章第6章ではフィンランドの教育についてのお話。
日本は全く反対の方向に向いていて、時代錯誤を越えて呆れる程。
「自ら考えることを大事にする教育」が学力の高さに繋がるといった
フィンランドの考えはとは全く反対のことをしているなぁ。
考えることができる人が沢山になったら不都合なのか?と、疑って
しまいます。娘にはフィンランドで子育てして欲しいと思います。

この第6章の教育からさかのぼって考えていくと今の日本の状況が
何となく理解できます。

 教育により考える力を身につける(政権が変わっても方針は変わらない)
  →民主主義を正しく理解する
   →経済のあり方を考える
    →エネルギー問題を正しく理解する
     →食のあり方を考える
      →今の地球が私達に何を伝えているのか謙虚に受け止める

こんな感じかな?日本、正反対向いてます。
出来ることから始めようっと。
posted by オトンヌ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445637703

この記事へのトラックバック