2016年11月09日

オトが我が家に来た日、9年目に入りました。

8年前の今日オトが我が家に来ました。

IMG_1195.JPG

8年前と比べてオトの顔は随分白くなって歩き方もゆっくり
ゆっくりな感じ。犬の年令でいうと丁度50歳くらい。
人間なら、そろそろ身体に気をつけなくてはならない年令。

毎年夏になると暑さで多少歩かなくなっていたのだけど、今年は
あまりにも歩かないので心臓か脚に何か異常があるのかと心配に
なり注射のついでに先生に診て頂いたけれど異常なし。心臓も
きれいな音がしているとのこと。
そんな心配をしているところにこの夏ロクが来た。ロクが来て
少し若返ったのか、以前の様にとても良く歩く様になってきた。
一時期は帰り道抱っこしたりして、、あれは何だったのか?
今はロクの遊びに付き合って公園で走り回ったりしている。

勿論ロクの様にいつまでも走っていたいのとは違うけど
まだまだ十分かっこ良く走れると思う。思う、というのは
オト、ドックランに行ってもガンガン走ったりせずただ、
匂い嗅ぎするくらい。帰るよって行っても帰らなかったのが
スッと帰るようになったし。

オトは物怖じもせず大型のワンコに追いかけられたり追いか
けたり、最初の頃は友達が飼い主さんに投げてもらった
フリスビーを追いかけてみたり、ホントにランでたくさん
遊んでいたなぁ〜。
お友達ワンコも既に歳とって昔の様に走り回ったりしない。
昨日も広い方のランで三匹の若そうなワンコ達が思いっきり
走っていた。何だか懐かしかった。




161107or.JPG

昨日は初めてオト、ロクが一緒にソファーで昼寝をした。
途中ロクが起きて体勢変えたりしていたらオトが「ワン!」て
怒っていたけどまた寝てしまった。ロクもまた寝た。犬も
ソファーで寝るのって気持ちいいと感じるんだね。
見ているだけで何だか平和な気持ちになれる。

この8年で子供たちもすっかり大きくなった。一緒にいる時間は少なく
なったけど、相変わらず帰宅時は1番に「オト、ただいま〜」と
オトの「おかえり〜」のお出迎えがある。
そんな日々がずっと続き、
オトが、これから先も出来るだけ長く健康に暮らしていいける様に、
そして他の犬猫たちとも穏やかに暮らして行ける様に祈っています。



IMG_1116.JPG

オト:何だか変な生き物がいるんですけど。
   (後ろでウネウネと動く物体=ロク)




(こちらはロクの匍匐前進)



オト母はロクのお世話はオトと一緒にと思ってます。オト、
よろしく、母を助けてね。



まるで母犬の周りではしゃいでいる子犬の様な、そんな感じ。
全く気にせず、余裕にくつろげるオト、凄いぞ!
posted by オトンヌ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オトンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック