2016年10月17日

ロクの兄弟

新潟の知事選、泉田氏の後継者が当選し、一安心。
自民推薦の候補は終盤、原発は動いていなくても危険
だと言っていたとのことです。推進派の自民党なので
きっと「動いていなくても危険なので動かしても良い」
ということなのだろうか?????
普通に考えると福島のようになる前に何年掛かっても
いいから解体しようといった考えになると思う。
近寄ることができるうちに、原発の恩恵を受けてきた
世代の人間が自ら解体すべきだと思う。
原発を解体するにはかなりの年月がかかるので、街も
賑わいます。飼いたいによって街は恩恵を受けるでしょう。
そうやっている間に何十年後かの解体が終った後の街の
未来をきちんと考えることをしたら良いと思います。

原発には未来はないと考える人々が勝利した訳ですが、
未だに原発に新潟の未来を託そう何て思っている人々が
投票した人の4割以上もいたことに若干悲しい気持ちに
なりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロク8週目 まだまだ成長中

散歩中、全くビビらずにすれ違える人と遠くからでも
ビビリ、動けなくなる人がいることが判ったのだけど
性別でも年令でもなくて、何が基準か判らない。
女の人は割合大丈夫みたいです。
相変わらず外の車や自転車、特に白い小型のワゴンが
怖いらしく通り過ぎるまで固まります。。

とても嬉しいこと。
先週から私が帰宅するとオトや猫達と一緒にお出迎えを
してくれるようになった。ケージから顔だけだして
鼻を鳴らしていたり出てきたり。他の3匹に押されて
タイミングがズレると出て来れなかったり。。嬉しさ
が伝わってくるのでしばし玄関で待つのが私の楽しみ
となっています。
顔だけ出してる姿が余りにも可愛くて写真を撮ろうと
思ったら引っ込んだりして、、残念。

近くの草原で刈った草がそのままになっていると何だか
とても嬉しいらしく伏せから匍匐前進しています。
牧場にいた?馬小屋にいたのかな?

161017r2.JPG

先日はケージの外で猫のベットに丸まってました。
夜はケージから出てにゃおこと遊んでいるですが
暫くするとどこかで寝ている様です。今のところ
オモチャ意外に何かを齧ったりと言うことがないので
夜もフリーにしています。
トイレはこの一ヶ月くらいは外派になってしまい家の
シートもあるけど全くしていません。

散歩に行くのももう判っていて嬉しさで出かける準備
をしていると鼻をならしてケージから出てきます。
オトに続いてロクが玄関にやってきます。何故か順番は
守る?のです。ケージから顔だけ出してオトが玄関に
行くのを確認してから出てくるのです。不思議。

161017r1.JPG

階段も半分から下は降りられるのだけど、中々難しい様子。
1番上で困った顔して一段だけ前足をおろして固まり
また上に戻り、、、。少し下で待つ私がいつか落ちそう
で怖いです。ただ、下の数段は上がったり降りたりできる
ことが判ってきて途中まで上ってまた降りたりして、出来るよ
アピールしてくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ロクの兄弟』

最近ロクを連れているせいか、知らない方からよく声を
かけられます。
保護犬について暫し話したりすることがとっても多く
社会のなかで保護犬という言葉が認知されつつあることを
実感しています。
先週末まで「志村どうぶつえん」でぺことりゅうちぇるが
保護犬と過ごす過程を放送していました。オトの時もですが
テレビの力はすごいですね。芸能人の力も。
センターのワンコ達もあの鎌倉の保護犬達のように過ごす
ことが出来たらよいのにと思います。
ロクが人に慣れる過程を見ていると、センターのコンクリートの
部屋で一日中過ごして、人間と接する時間も限られている
のは成長期の犬にとっては特に良くないことだと感じます。
子犬の時間は限られていること、この時期に人と接することで
後の家族との関係もスムーズにいくのではないかと思います。


ロクと兄弟犬.jpg
右がロク、奥が兄弟
ちばわんのセンターレポートからお借りしました)

ちばわんのセンターレポートを見る限りロクは3匹兄弟で、
♀が最初に引き揚げられロクが8月に、最後の一匹がまだセンター
にいて、3ヶ月になります。

161017ロクの兄弟.jpg

ロクの兄弟
(ちばわんのセンターレポートからお借りしました)

柄は違いますがロクとそっくりな黒いアイラインのはっきりした目、
熊に似た感じの鼻先、レポートによると性格も似た様な感じです。
「我が家に預かればロクと思いっきり遊べる」とも思いますが、
「オトに加えてビビリ2匹を一緒に散歩する能力はないなぁ」とか、
「もし譲渡先が決まらなかったら我が家のワンコになるので
それもキャパを越えている」ような気もするし。
我が家でのんびり寛ぎ、散歩を楽しむロクの姿と兄弟犬の姿の
ギャップに運命の残酷さを感じながら、出られる様にと祈るしか
出来ないでいます。
  ・
  ・
  ・
「みんなセンターから出られます様に。」

161017r3.jpg

(ちばわんレポートからお借りしました)

ロクのこの顔が余りにもオトの表情と似ていてこの写真を
見た時にもう家の子にと思ったのでした。
posted by オトンヌ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442884785

この記事へのトラックバック