2017年11月28日

niwa-coyaさんオープン

一昨日コンペが終わり、今年も残すところプレゼが1件と
なりました。あっという間に11月が終ってしまいます。

そんな中、先日は久しぶり小金井公園の陶器市に行き陶器や
お椀をいくつか購入。

171128器.JPG

小さな四角い小皿は7年前に購入した
焼き魚用の長いお皿と同じお店のもの。
木の生地の漆塗りのお椀、普通に買うと結構なお値段だけど
こんな時は掘り出し物に出会えるのでとても嬉しい!
会津地方の塗り物です。うるしの色目と蜂蜜の壷みたいなシマシマ
が気に入りました。
お鍋の時に使う器、形が不揃いだったりちょっと歪んでいて企画
から外れたのかな?かなり荒い土の感じが気に入りました。
後はオト父のマグカップと事務所専用の小さめの取り皿。
土鍋とグラタン皿は気に入ったものがなくて購入断念。

ぶらぶらと陶器を見て回るってたのしいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『niwa-coya』さんに行ってきました。

新しくなったniwa-coyaさん、写真で途中まで見ていたのだけど
完成した物を実際にみてとても感心してしまいました。普通の
広いスペースがこんなに変わるとは!と尊敬してしまいます。
しかも時間の制約もあって突貫工事に近いのに素晴らしい完成度。
拘るって大切だなぁーと、最近ちょっと無力感を感じることが
多かった私には良い刺激になりました。

https://m.facebook.com/niwacoya/

今まではモーニングから夕方までのカフェでしたが、ランチから
ディナーまでに営業時間が変わりました。是非皆さん行って
みましょう。アルコールもあるらしいですよ。

頂いたランチはこちら↓ ヘルシー!!!

171123にわこや.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


猫ベットつくってみました。といっても袋を作って中に、羽布団
の薄いタイプをくるくると折り畳んで突っ込んだもの。いつも
猫達が人間の布団の中に潜り込んでるのを見て、猫サイズに
まとめただけ。子供たちのうす掛けが古くなり、事務所のクロと
我が家の猫用に2つ作りました。早速使ってくれて私も満足。

171128布団.JPG

171128c.JPG

ちゃこ「やっぱ羽毛でしょ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近ロクがオトの指定席であるテーブル下を占領しています。
オトがいる時は諦める時もありますが、結構しぶとく待って
いる時もあり。オトはオトで怒る訳でもなく、ロクがいると
ソファーや床に座ってます。。

171128or1.JPG

ロク「あっ、見つかりました?」

171128or2.JPG

オト「母さん、またロクがベット占領してるんですけど........」
と、
訴えるオトの目の前で、へらへらと妙に喜んでいる様な表情のロク。

posted by オトンヌ at 19:45| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

犬の自己免疫疾患

171114r2.jpg

ビビリなロクは病院で待っている時もガクブルなので
抱っこです。今から何が起きるのか不安なのです。
でも診察が終わると診察台に伏せしてオリコウさん。
先生に爪まで切ってもらい、更には「こんなに静かに
切らせてくれるなんて!オリコウさん」と褒めて
頂きました。


なぜ、病院?

2週間前の朝、散歩中に植え込みから顔を上げると左半分鼻が
真っ赤に血が滲んでいました。

1711142r1.JPG

黒い皮膚が剥けて、真皮が出てしまっている感じ。



171114r3.JPG

家に帰って少し経つと右の方にも広がり、病院へ。



自己免疫疾患ということでした。耳の内側も赤く
皮膚がただれて、歯茎も赤みが強くなってると。
ステロイドを飲み様子見。徐々にステロイドを
減らしながら抗生物質を飲んで、もう少しで
大丈夫ってところまできました。

171114r4.jpg

ロク「半分ピンクもデザイン的には花丸です」

4個だったステロイドが1.5個にまで減りました。
昨日の状況はこんな感じ。皮膚が赤から桃色に。
黒い色素は抜けたままになってしまうかもしれない
らいし。



ネットで自己免疫疾患を調べると、とても大変な
病気で、死に至る云々書いてあり、絶句。
色々なタイプがあってロクの場合は来た時に既に
脚に傷があったのも自己免疫疾患のせいだったかも
ということでした。
まだまだ若いので直ぐに良くなるようです。もともと
体質的に疾患を持っている子がいるとも。
そもそも歳とってからなる子が多いようなので、
体調面よく注意していかないと、、。

そんなロクですが、薬を飲むようになってから食欲が
増してご飯の度にダイニングテーブル脇で待機。中々
ロクにあげられるおかずはないので、炊いたご飯を
あげたりしています。ロク、体力つけなきゃって
分かってるのかな?

ロクだけひんぱんに病院に行くので、車が苦手なオトですが
一人置いて行かれるのは嫌みたいで、先日一緒に病院に
連れて行ってきました。
ロクをさきに乗せるとオトも自分で乗ると言う。
何時もなら緊張でヨダレ出まくりなオト、ロクと助手席に
いるのでシートが狭くてどうにも動けず、
「どうにかして下さい」とばかりにこちら=私を見ています。
結果ヨダレなし、嘔吐も行きは無しでとても良いドライブが
できました。せっかく病院に行ったのでオトは予防接種を
受けました。いつもは1匹ずつでしたが、2匹連れての病院
通いもクリアです。

171110o1.JPG

オト「頑張ってみました」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

干し柿

171114柿1.JPG

171114柿.JPG

先日生協で見つけたとっても大きな渋柿。干し柿って
意外と高いので自分で作ってみました。日々美味しそうに
色が変わってきてますよ〜。
完成品はまだまだ先です。
posted by オトンヌ at 00:15| Comment(0) | ロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

オトが来た日

2008年11月9日オトが我が家に来ました。

171109o1.JPG

オト「このお家の子になって9年が過ぎました」

171109o6.JPG

最近少し背中の位置が落ちてきた様に思いますが
まだまだ元気に歩きます。ってかたまにロクを
追いかけますし、大好きなワン友に会うと喜び
過ぎてぐるぐる走り回ります。



171109o4.JPG

9年間ほぼ毎日この公園を散歩しています。
今年も紅葉の季節がやってきて、オトが我が家に
来た頃のことを思い出しています。9年前には
まだいなかった猫やロク、9年間で娘達もすっかり
大きくなって、事務所もあちこち移動して、9年て
あっという間だけど我が家にとっては色々なことが
凝縮した9年だったと思います。まだまだこれからも
同じ様に駆け足な毎日が続くのだろうなぁ。もう暫く
忙しい毎日につきあってね。

171109o5.JPG

ロクと2匹の散歩も慣れてきたね。


171109o2.jpg

散歩から帰ると暫く日向のベンチでお昼寝したあと
暑くなったのか床に移動気持ち良さそうに寝ています。



171109o7.JPG

午後2時。少し遅いお昼ご飯にオトは興味なし。

171109o8.JPG



それなのに私がおやつを食べていると

171109o9.JPG

オト「そっちが食べたいです!」
といって椅子にあご載せして待機。

171109o11.JPG

ダメだと判ると意外とあっさり諦めて横にお座り
するので背中を撫でてあげます。

171109o12.JPG

そして、テーブル下の定位置に戻ってお昼寝。
先日は猫達がこのベットを占領していたら娘の
ベットに一日中寝ていました。どかして寝たりは
しないのです。にゃおこと一緒に寝ていることも
ありますね。



夜ごはん、蒸し鶏をトッピングしていると素早く
やってきて待機。

171109o13.JPG

オト「鶏肉とスープが入ったご飯は大好きです」

171109o14.JPG

ロクと一緒に仲良くご飯タイム




171109o15.JPG

お腹いっぱいなところで娘とにゃおこがヒーターの
前を陣取っているところにごろ〜ん。



その後私がベットに行くまでロクと一緒にソファで
居眠り。

171109o16.JPG




171109o17.JPG

寝顔を見ていると本当に飽きないですね。
人間の年令で言うと中年越えたくらいでしょうか?
顔の回りに白髪がたくさん出てきましたし、茶色の
毛色が以前よりぐっと薄くなっています。年をとった
犬の可愛さがほんの少し滲み出てきた感じかな。

我が家で4匹が上手く過ごしていられるのはオトの
お陰でもあり、いつも感謝しています。犬猫が4匹
いるとは思えない程静かで(たまに吠えるか)穏やかに
過ごしています。いえ、たまにオトが猫のご飯食べたり
ロクのご飯食べたり、ロクがオトのご飯食べたり、、、
まぁ色々あったりしますが全般的にハナマルです。


犬の人生が人間より短いのは判っていますが出来る限り
元気で長生きしてくれます様に願っています。
これからもよろしくね、オト。

171109o3.JPG

オト「まだまだこれからです!」
posted by オトンヌ at 16:13| Comment(0) | オトンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする