2017年05月25日

野菜たち

暑い日が続いていたせいか今日の涼しい日がとても
気持ちよく、犬猫達もず〜〜っと寝ています。適度な
湿気とこの気温は人にも人間にもちょうどいい。。

昨年南側の建物との間の塀が無くなり、私の小さな畑に
日が当たる様になりました。色々と考えはありますが
出来る範囲での「自然農法」らしいことをやってみようと
思いたち、昨年の暮れにソラマメの種を購入(たねの森)
化学肥料や薬剤を使わないで在来の種(F1とかは×)から
自家採取を目指しています。
その後いんげん、ニラ、バターかぼちゃにおくらの種も購入。
友達と種交換会し、キュウリとミニトマトの種をもらい
現在大事に育てています。インゲンは種が『溺れる』といった
事件があり、苗になったのは3割くらい。これは失敗でした。
水やりしすぎてふやけたってことです。撒く際にちょっと頭を
出すか注意深く土の状態をみなくてはならなかったんですね。
以下、最近の畑の状況。


@そらまめ
小さな畑に植えた空豆とベランダのプランターに植えた
空豆のどちらにもアブラムシがたくさんついてしまい、
花が咲いても、ちょっと小さな実が付きだしてもダメに
なってしまいこまめに虫を取り除く→またつくの繰り返し。
炭にした籾殻を撒いたりてんとう虫やその幼虫を連れて
きたり悪戦苦闘。


170525てんとう虫.JPG

一昨日いつもの様に空豆を見にいったらなんとてんとう虫を
5匹も発見、気がついたら数は少ないけれど空豆がちゃんと
実になっていました。

170525空豆.JPG

毎日アブラムシばかりみていたのでいつの間にか大きく
なっていた空豆。少しだけ食べて来年用に種を採ろうと思い
ます。結局何がアブラムシにとって1番の決定打だったのか?
来年も研究したいと思います。


IMG_2161.JPG

最近のお気に入り雑誌「現代農業」6月はアブラムシでした。


Aジャガイモ

空豆の隣にはジャガイモが大きく育っています。
「自然食品のお店で買ったジャガイモだからホームセンターで
売っている種芋より、もしかしたら安全かも」と考え、通常は
「種芋ではない場合ウイルスが云々」と言われているけど
ダメ元で育ててみたもの。

170525ジャガイモ病気.JPG

こちらは昨日発見した葉っぱ=茶色のまだら模様
色々調べたらどうやらカリウム不足だそうで、自然農法の
場合はどうするのだろう?とまた調べ、取りあえず庭の
枯れ葉や腐葉土を撒いてみた。科学的なものを使わずに
対処するって頭使うなぁ〜。
まだ芋どころか花が咲いたばかりなのでこれからカリウム
も必要になるだろうに、どうしよう。。


B豆苗

たまに買う豆苗は全部食べた後にもう一度楽しめるもの。
ちゃんとパッケージにも書いてありますよね。
それをプランターに植えてみたら、、

170525豆苗.JPG

エンドウ豆の様にずんずん伸びて、ピンクの可愛い花が咲き
絹サヤの様な豆が出来ました!!!
今まで豆苗は何の苗なのか、育ったらどんな豆が成るのか
なんて考えたことも無かったので目からウロコ、、ネットでは
エンドウの若葉って書いてあるけど我が家のきぬさやね。


Cお客さん

虫、苦手な方はみないで下さいね。










豆苗の写真を撮ろうと思っていたらすぐ近くにこんな
お客さん。

170525青虫.JPG

色はとってもきれいです。“みかんにつくあおむし”
で調べたらアゲハチョウの幼虫らしいです。
蛾じゃ無くって良かった〜。暫く観察してみましょう。




と、わがやの小さな畑やベランダでは植物も虫も
成長中。

170525r.JPG

関係ないけど「ロクも成長中」


posted by オトンヌ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

あこさんレッスン3

亜子さんのレッスン3回目。
今日が最終回ということもあり長時間充実したレッスン
をして頂きました。あこさん、ありがとうございました。

前回から随分日にちが空いてしまいました。
その間にロクは私にかなりお子様ぶりを発揮する様に
なりました。ビビリ犬にとってはこれはかなりな進歩。
とのこと。8月にケージから出られなかった頃と比べると
本当に成長したなぁの一言に尽きます。
今日のレッスンではドックランの中での呼び戻しの練習も
して頂いて、前回同様とても充実。3回のレッスンを
通して犬の行動を観察することの大切さや、自分自身の
心の持ち用の大切さを感じました。犬の心理を学ぶこと
もとても楽しかったです。色々な本に書かれていること
全てが我が家の犬達に当てはまる訳ではないってのは
ちょっと子育てに通じるなぁ。とか、、、
オトの性格とロクの性格の組み合わせだったりするのも
娘2人の性格の違いとダブったりして。興味深いです。
まだまだ飼い主、犬ともに勉強中ですがいつか「こんな
ことあったね」と言える日がくることを祈っています。


170518or.jpg

レッスン中のランの様子、2匹で遊べるっていいわぁ。
みているだけで本当、幸せ。主にオトが追いかけ、ロクは
逃げる。(これ、呼び戻しレッスンの合間)


170518or2.jpg

帰り道もしっかり横について歩けます。
(いつもじゃないけど)


170518r.JPG

ケージから出られなかったロク、明日で家の子になって
9ヶ月。すっかり人の横でくつろげるようになってます。
(オト父にもたれて寝てますzzz)

初めてあこさんのレッスンを受けた日、ロクはケージの
中が定位置で、今の様にソファーやベンチでお昼寝なんて、
とんでもないって感じでした。それがあこさんのレッスンも
受け、成長が加速し、先日のレッスンの日は机上講座の最中
あこさんの隣でお昼寝までして、、すごいことです。
こうやって、人と暮らすことで人を学んでくれているのね。。

センターにいるビビリな犬達をみていると「少しの間でも
ホームステイみたいに人と暮らす体験が出来るといいのに
なぁ」と思います。世間では高齢と言われ、犬の譲渡を断ら
れたりする年令の方とか、自分の年令を考えるともう犬は
飼えないと言っている犬飼い経験者さん。時間もお金も
スペースも整っているのにもったいないなぁーと思います。
ただし、あこさんのレッスンの様にちゃんと犬の状況を犬
それぞれに対して個別に学んでから、の方がより良い
方向にいくかと思いますが、如何でしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170518桐.JPG

毎日散歩する自由広場には大木な桐の木があります。
この季節になると桐の周りは紫色の花で埋め尽くされ
とってもきれい。下草の黄緑色とのコントラストもよい
です。

170518桐2.JPG

東京で初めて一人暮らしをしたその家の隣に大きな
桐の木があって、私の部屋は3階だったのですが
そこから花が咲いているようすが丁度見えて、この
桐の花をみると懐かしい気持ちになるのです。




posted by オトンヌ at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

漆器修理

昨年の秋に植えたバラ“フレンチレース”
昨日、つぼみが少しずつ開き始めました。

170504バラ.JPG


昨日は高校生になった娘の部活で
「ウエルカムコンサート」を開いて下さいました。
数年前に強化クラブになり沢山の講師の先生が
みてくれるというとてもお得な部活。もちろん
朝練(夜練もたまに)が毎日ありますが、自転車で
10分程で行けるので楽勝です(わたしにとって)
演奏の後は生徒と保護者でパート別にテーブルを
囲んでランチタイム。一人も知っている人がいない
のですが私も何年も子供の親をやってきた甲斐があり
さほど緊張せず初対面の方々と楽しくお話しできました。
吹奏楽という共通の話題があるのが大きいですね。

演奏の方もぴりっとした感じでとても好感が持てましたし
受験で暫く吹奏楽の演奏を聴くことから離れていたので
「やっぱりいいわね〜」と子供たちの演奏で幸せな
気分になって帰ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祖母の家にあった重箱、母が子供の頃につかっていた
重箱だと聞いていたものを、昨年実家の片付けをした
際に持ち帰ってきました。
大きめの重箱ですが外側の春慶塗がとても美しく、内側
のみ漆が剥げているところが木地むき出しになっていた
ので思い切って塗りの修理に出してみました。

170504修理前.JPG

↑修理前

↓修理後

170504修理後.JPG

修理に出す前は何だか古いもの独特のホコリっぽい
イメージがありましたが、きれいに塗られた漆で美しく
蘇りました。写真を撮ろうと思ったら天井や照明が写り
込んでしまう程ピカピカ!お正月に使うのが楽しみです。

こちらの修理をお願いしたのが『漆器修理ヒロセ』


修理の事例や金額が載っていたので先に重箱を送り、
現物を見て頂いてから相談して、外側はきれいだから
そのままにして内側のみの修理をすることになりました。

100年以上使われている漆器を、この先また使い続けて
いけることって私にとってはとても幸せなことです。

このように手間のかかる修理をして下さる職人さんが
今は少なくなってしまっているとのことですから、職人
さんがいつまでも育つ様に、もし漆器の修理をとお思い
の方いらしたら迷わず修理してもらって下さいね!!!



posted by オトンヌ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

オト9歳

気持ちのよい朝から一転、雷が鳴り出しました。
オト、雷が大の苦手であちこちウロウロしたり高い
ところに乗ってみたり大変です。

170430o.JPG

(オト、桜をバックにとても貫禄の一枚。)

昨日だってドックランでロクを獲物のごとく追いかけ
回していたのに、、、。先週めでたく9歳のお誕生日を
迎えてそろそろ50歳後半にしては素晴らしい走りで
雑種シニア部門とかあったらきっと優勝しているんじゃ
ないかと思っていたのに、、今はキッチンの奥に隠れて
います。ロクは全く動じない様子。怖いものの感覚が
違うんですね。

170430o2.JPG

オト「9歳になりました。母とほぼ同い年、まだまだ
体力には自身あります。」



猫達に新しいツメトギを購入いつもの丸形にちょっと
またたびをふりかけたところ2匹でツメトギを取り合い
窮屈そうに2匹でツメトギに乗っています。ヘンなの〜。
本来は1匹用

170439c2.JPG
こんな感じだったり

170430n.JPG
あんな感じだったり


170430nc.JPG

決して、こうやって遊ぶ物ではありません。



猫達、若い頃と比べるとどたんばたんと遊んだり
けんかすることがすっかり無くなってきました。
こちらもオトと同様にお誕生日を迎えて7歳に
なりました。フードも7歳からの物に変えてみたり
しています。そろそろ身体の方も心配なお年頃です。

170430c1.JPG

チャコ「まだまだピチピチです」

そうね、まだまだいけそうね。チャコは定期的に
肌の調子が悪くなるので、今は傷が酷くなるとお薬
を3日に一度飲んでいます。
少し前に、顔を掻いていたときに何故か爪が引っか
かり取れてしまって大騒ぎしました。
パニックになって数秒転がって、テーブルの下に
隠れているチャコの脚から血がでていて、爪が
落ちてる。よく見ると出血しているところに小さな
爪が生えていて取りあえず抱っこして止血。
乳歯が抜けたときの様に爪の中心が空っぽになって
いて根元から取れていて本当に驚きました。
ほんと、色々なことがあります。その後化膿したり
することもなくきれいになりました。

170430co.JPG

非常に呑気な犬猫の日常の中でもよく考えると
色々なことがあるなぁ〜などど思い返してしまい
ました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちら事務所の2階にある高窓から外を眺めるクロ

170430クロ.JPG

クロ、スタッフには朝から「なでて〜」と可愛らしい声で
すり寄っていますが未だにオト父(メインでお世話している)
にはそこまで慣れず、先日オト父が漸く少しだけ触ることが
出来たと喜んでいました。事務所に来て既に4ヶ月が経とうと
していますが、募集も何だかしている様なしていない様な。
シャンプーが未だに出来ず、水なしのシャンプーはしている
ものの(スタッフがしてくれる)爪も全部は切れない様子。
スタッフには懐いているので、飼い主さんにはちゃんと懐く
筈だと思うのですが、、黒猫をお家に迎えたい&ちょっと
暗い時間が掛かってもトライしてみたい方いらっしゃい
ましたら声掛けてみて下さい。










posted by オトンヌ at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする