2015年11月26日

ストーブ

昨日は急に寒くなってしまったのでストーブを点けてみました。
3年前に無電力のペレット&薪ストーブを設置したのですが
いつもオト父が点けていたのです。私、初挑戦!

151226.jpg

とても小振りな可愛いデザインです。ペレットが丁度良い感覚に
落ちてくる様に何度もストーブやさんが研究して内部の部品を
設置し直してくれました。

燃えている様子を見ているだけで幸せな気分になりますね〜。
何もせず、本を読んだり、編み物したり。。。てな時間もなく
時間に追われるのでありました。



途中、コロコロっとペレットが転がり落ちてくる可愛い音が
します。聞こえましたか〜?

因にペレットとは間伐材を使って作った木質燃料で、燃やしても
煙が出ないので都心での設置も問題ないのです。
猫トイレのペレットに似た形でもっと密度がある感じです。

興味のある方はこちら『パイプ屋本舗』

『船長のSTove K5&K6』こちらには我家のストーブの兄弟が
たくさん出ています。とても素敵なセンスのある船長(社長)
が作るストーブ+小物?楽しんでる感じが伝わってきます。

posted by オトンヌ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

もりのおうちマーケット

昨日は久しぶりに川越の友人宅に行きました。
目的は『もりのおうちマーケット』

春と秋の2回開催されているのですが何故かいつも
打合せと重なったり何かしら行事が重なったりで
今回ようやく尋ねることができました。

151122.jpg

13年前に設計をしてから経年変化によって木製の
外壁も随分味が出てきています。
自宅と作業場兼事務所が広い敷地に配置されていて
多くの木々に囲まれて前面道路から見ると何ともよい
雰囲気を醸し出しています。そしてたくさんの手作り
雑貨なんかのお店とお客さんがあちらこちらにいて
とても楽しい雰囲気でした。

こんな雰囲気の家がたくさん出来たら町中が森になって
いいなぁと思うのですが、、、

『栗原造園ホームページ』
『栗原造園facebook』

楽しい時間をありがとうございました。また行きますね!

こちらでは月一回、花のアレンジの教室も開催しています。
是非!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我家の猫たちは冬になると仲良しモードになるんです。

2匹で固まって寝ているし、こんなに可愛い仕草も夏では
とても見られません。ちゃこがにゃおこをぎゅーっと
しながら毛繕いしています。



かわいいでしょ


posted by オトンヌ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

オトが来た日

長くブログの方放置したままでした。。

すっかり季節は冬間近、オトが来た日には近くの児童館で
お祭りがあって、娘が和太鼓の演奏をしてその後に我家に
オトがきて、、あれから7年が経ちました。

151109-1.JPG

顔の茶色部分の色が薄くなり、白い毛も混ざってきました。
体重はそのまま、夏の尿検査ではストルバイトの結晶が無く
なって一安心。



最近の朝の一こま

151109-4.jpg

珍しく2匹一緒にオト父をお見送り

その後、朝のお散歩ではお気に入りの空き地で草をはむはむ

151109-7.jpg

151109-8.jpg


この夏には今までになく車であちらこちら、主に子供の
お迎えや病院と近場だらけですが一緒にお出かけして
以前とは比べ物にならないくらい車酔いが軽減されました。
実際は雨降りのお留守番が嫌でオト自ら車に乗り込む様に
なり私が頻繁に連れ出すうちに何だか慣れてきたのです。

151109-2.jpg

このように助手席に座ったり伏せしたり、町に出ると人間
ウォッチングしています。たがまに吐きますがよだれは確実に
減っていますし落ち着いています

151109-3.jpg

オト「今日は下のお姉ちゃんの病院まで一緒について来ちゃいました」


雷や雨の降り始めの時にはぴりぴりっと神経質になってテーブルに
載ろうとするので私の横に座らせてみたらちょっと落ち着いた様子です。

151109--5.jpg


151109--6.jpg

天気さえよければ寝室でのんびりお昼寝。隣で仕事をしていても
オトの顔を見たらす〜っと睡魔が。

とくに変わったこともなくいや(屋根に登って大騒ぎしましたね。)
夕方になればお散歩しながら娘をお迎えに行って1日のお仕事が
終ります。
誰が帰ってきてもむくっと起きてお出迎えしてくれる、
そんな毎日がこの先もずっとず〜っとつづきます様に願っています。

posted by オトンヌ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オトンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする